• 無料資料プレゼント!
  • 飲食M&Aサービスが選ばれる3つの理由

インタビューinterview

インタビュー

今回お話を伺ったのは、「東京都内に6件」と「大阪市内に3件」「神奈川県内に1件」の区分マンションを所有するS様。不動産投資にまつわるトラブルやお悩み解消へ至った経緯などについて語っていただきました。

インタビュー

不動産投資は、世の中の経済状況に柔軟にあわせる感覚や、専門的な知識が必要になります。そのため、オーナー様がひとりで安定した投資を続けていくには、ややハードルが高い側面があります。 しかし、不動産投資をおこなっているオーナー様が、「不動産会社にサポートを任せよう」と思う時は心から信頼できる営業担当者がいることが条件です。 各オーナー様の悩みは、それぞれに違いがあります。さまざまな悩みを抱えているオーナー様に対して、不動産会社の営業担当者はどのように対応していくものなのでしょうか。 今回は、マンションの運用方法を提案している営業担当者に、オーナー様の悩みを解決していくポイントや、サポートの際に意識していることなどを伺いました。

インタビュー

不動産を所有するオーナー様は、投資物件を運用していく中で不動産業者との関係性はとても重要です。その時に、サポーターの役目を担うのが不動産会社の営業担当者という存在です。 不動産会社の営業担当者は、不動産投資を円滑におこなうための専門的な知識を持っています。では、不動産会社の営業担当者は、自身が持っている知識をどのように駆使してオーナー様のサポートをおこなうのでしょうか。 今回は、実際にワンルームマンションの運用を提案している営業担当者に、「オーナー様をサポートする時に」の時に意識しているポイントなどについて伺います。

「インタビュー」記事一覧を見る

賃貸管理の悩みproperty

不動産を売却すると、マイナンバーを求められることがあります。個人情報なので、提出しても良いか不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産売買でマイナンバーの提出を求められる具体的なケースと、提出が必要となる理由について解説します。

入居者が退去してしまうと、原状回復費などの出費が発生するうえ、空室期間中の家賃収入が途絶えるなど賃貸経営が難しくなってしまいます。退去者が増える理由のひとつに更新料の問題があり、近年では更新料をなくす大家も増えているようです。 この記事では、更新料をなくすメリットやデメリットを解説するとともに、入居者に長く住み続けてもらうコツについて紹介します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

「賃貸管理の悩み」記事一覧を見る

資産運用の悩みproperty

不動産の売却を検討し始めたなら、気になるのはやはり売却価格です。売却価格を高く設定し過ぎてしまうと、なかなか買い手がつかず、低く設定し過ぎると大きな売却損を抱えることになります。どちらにしろ、オーナーにとっては大きな負担です。 効率良く不動産を手放すには、まずは不動産の相場価格を知ることが大切です。 この記事では、不動産売却を検討中のオーナーが、相場価格を調べるときに知っておくべき知識について紹介します。

不動産投資で重要となるのが物件の推定資産価値です。不動産を売却するときだけでなく、賃貸物件として貸し出す場合でも推定資産価値によって価格が決定されます。 そこでここでは、不動産の推定資産価値とはなにか、またその調べ方について解説します。

購入を考えている不動産や保有している不動産の収支の安定性を確認するには、収支シミュレーションをする必要があります。そこでここでは、不動産投資における収支シミュレーションの方法や収支シミュレーションの重要性、注意点などを詳しく解説します。

「資産運用の悩み」記事一覧を見る

新着記事Recent Posts

不動産の売却を検討し始めたなら、気になるのはやはり売却価格です。売却価格を高く設定し過ぎてしまうと、なかなか買い手がつかず、低く設定し過ぎると大きな売却損を抱えることになります。どちらにしろ、オーナーにとっては大きな負担です。 効率良く不動産を手放すには、まずは不動産の相場価格を知ることが大切です。 この記事では、不動産売却を検討中のオーナーが、相場価格を調べるときに知っておくべき知識について紹介します。

不動産投資で重要となるのが物件の推定資産価値です。不動産を売却するときだけでなく、賃貸物件として貸し出す場合でも推定資産価値によって価格が決定されます。 そこでここでは、不動産の推定資産価値とはなにか、またその調べ方について解説します。

購入を考えている不動産や保有している不動産の収支の安定性を確認するには、収支シミュレーションをする必要があります。そこでここでは、不動産投資における収支シミュレーションの方法や収支シミュレーションの重要性、注意点などを詳しく解説します。

ワンルームマンション投資において、運用状況を改善するには、実際にどのくらいの利益が出ているのかを計算する必要があります。その利益を知るのに必要なのが、収支額の把握です。 この記事では、ワンルームマンション投資では、どのような収入や支出が発生するのかについて解説します。さらに、収支の内訳と具体的な改善方法についても紹介するので、投資家や経営者の方は参考にしてみてください。

マンションをはじめとする不動産には、資産価値を示す評価額がつけられています。今すぐの売却や相続を考えていなくても、所有するマンションの評価額を知りたいと考える方も多いでしょう。しかし、評価額はどのように求められるものなのでしょうか。 この記事では、マンションの評価額についての考え方や求める方法を具体的に解説します。

少ない投資で始められると人気のワンルームマンションへの投資ですが、様々な理由から売却 を検討するオーナーもいます。しかし、ワンルームマンションには売り時があって、それを逃 すと損をしてしまう可能性もあるのです。この記事では、ワンルームマンションの売却に最適 なタイミングや売却に向けての準備について、わかりやすく解説します。

不動産投資をしていると、不動産会社から新たな投資物件の買い増しをすすめられることがあります。しかし、「買い増しをするべきなのか」「買い増しをして良いタイミングなのか」と悩むオーナーも多いのではないでしょうか。 そこで、今回は不動産の買い増しをするメリット・デメリットとベストなタイミングについて解説します。

不動産を売却すると、マイナンバーを求められることがあります。個人情報なので、提出しても良いか不安を感じる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産売買でマイナンバーの提出を求められる具体的なケースと、提出が必要となる理由について解説します。

入居者が退去してしまうと、原状回復費などの出費が発生するうえ、空室期間中の家賃収入が途絶えるなど賃貸経営が難しくなってしまいます。退去者が増える理由のひとつに更新料の問題があり、近年では更新料をなくす大家も増えているようです。 この記事では、更新料をなくすメリットやデメリットを解説するとともに、入居者に長く住み続けてもらうコツについて紹介します。

不動産投資では「いかに空室を埋められるか」が安定した収益のカギを握ります。そのため、単に入居してもらうだけではなく、長く住み続けてもらえる物件であることが理想です。もしも入居者が相次いで退去しているなら、すぐにでも原因を究明する必要があるでしょう。 この記事では、賃貸物件で入居者の退去が続く理由と、その対策について紹介します。

毎月の家賃収入は不動産投資における収益の要となるため、オーナーにとって空室対策は重要事項だといえるでしょう。 なかでも家賃設定はよく考慮すべき点です。家賃設定が適正であれば、空室が埋まる可能性も高くなるからです。 この記事では、適正な家賃の決め方と、空室対策のポイントについて紹介します。

他人に部屋や家を貸している以上、不動産オーナーが入居者トラブルに見舞われる可能性はゼロではありません。特に困るのは、家賃を滞納している入居者と連絡がつかなくなり、いわゆる「夜逃げ」のような状態になってしまうことです。もしも入居者が夜逃げしてしまった場合、不動産オーナーは何もできなくなってしまうのでしょうか。 この記事では、入居者が夜逃げをしてしまったときの対応と、夜逃げ対策について紹介します。

ワンルームマンションは不動産投資の対象として特に高い人気を誇っています。しかし、安定した経営を実現するためには、入居者の需要に見合った住みやすい物件であることが求められます。そのためにもぜひ注目していただきたいのが、ワンルームマンションの入居率を左右する「設備」です。 この記事では、不動産投資を成功に導くワンルームマンションの設備について紹介します。

投資用にマンションを買ったものの、さまざまな事情から修繕積立金の金額が購入当初に比べて上がってしまい、支払いが難しくなったという事態は珍しくありません。そこで、今回はマンションの修繕費が値上がりする理由や、修繕費が払えなくなったときの対処方法について解説します。

住み替えなどで、所有している中古マンションを売りに出している方もいるでしょう。しかし、買い手が見つからなければ売却できる日はいつまでも来ません。 中古マンションが6ヶ月以上売れていない場合、何か売れない原因が隠れている可能性があります。 この記事では、中古マンションが売れない原因と対策について解説します。

多くの勧誘を受けて、投資用マンションを買わされてしまったというオーナーの方もいるのではないでしょうか。 投資用マンションの経営で利益が出ていれば理想的ですが、そうでない場合は支出が収入を上回り、赤字になってしまうかもしれません。 そこで、ここでは投資用マンションを買わされた場合の対処方法について解説します。

マンションへの投資による安定した賃料収入があれば、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を補えると考える方は多いでしょう。 確かに毎月一定の収入があれば、リタイア後も安心です。とはいえ、不動産は年数を経るほどに価値が下がるため、保有し続けることへの不安も増します。 そこでこの記事では、老後を見据えた投資用マンションの運用方法について、保有や売却の判断基準などをわかりやすく解説します。

マンションを経営するオーナーなら、事業の相続について考えることがあるのではないでしょうか。しかし、不動産の相続は何度も経験することではないため、手続き方法や税務処理など、わかりにくいことが多いのが悩みの種です。 そこでこの記事では、マンションの相続を考える経営者が知っておくべき知識や注意点を紹介します。

確定申告とは、個人の年間の収入や所得(売上から経費を引いた収入)、納める税額を計算し、申告・納税をする手続きのことです。その年度に収入があったら、翌年2月16日から3月15日までに、税務署に確定申告書の提出や納税を行う必要があります。 では、不動産を売却したら確定申告は必要なのでしょうか。ここでは、不動産の売却と確定申告の関係や、譲渡所得の計算方法、確定申告の手順や必要書類について詳しく解説します。

不動産の売却は、可能な限り高い価格で行いたいものです。そのためには、需要が高いうちに手放すことはもちろん、売却をどの不動産会社へ相談するのかも価格決定の重要なポイントと言えます。 不動産会社選びの判断基準のひとつが、査定額を参考にすることです。複数の不動産会社から一括査定で希望額に近い査定額を出した不動産会社を中心に売却を相談してみましょう。 そこで、不動産を高く売却するために知っておきたい、「一括査定」の特徴や利用する際の注意点について紹介します。